塗装・防水工程手順

足場

ビケ足場を仮設いたします。仮設時、解体時には警備員を配置し、安全対策を致します。
立地条件によっては電線カバー、道路許可が必要となります。
またテナント用には営業中シート等も取付いたします。
台風時等風の強い日は養生シートを外すことも行います。

下地補修・洗浄

足場仮説後、全体的に目視と打診調査を行い、ひび割れ、浮き等の状態を確認致します。
塗装面の塗膜の剥離は手工具を使用し、剥がします。
補修にモルタルを刷り込みます。

シーリング工事

シーリングはサッシ廻りや外壁打継部に打たれているゴムのことです。
経年劣化により硬化し本来の防水の役目をはたしておりません。
既存シーリングは撤去し、新たに打ち込みます。

タイル工事

タイル工事はひび割れタイルの張り替え、浮きタイルの注入、モルタル目地の補修を致します。
タイルの枚数や注入の数量はお見積り時から増減がありますので実数清算させて頂いております。
塗装防水工事は建物の下地の状態により価格が大きく変わってまいります。
ひび割れタイルは電動カッターを使用し、廻りのタイルを傷つけないよう丁寧に撤去いたします。

浮きタイルは目地にドリルで穴を開け、エポキシを注入し、ステンレスピンを打ち補修致します。

タイル面は補修後、薬品洗浄を手洗いで行い、排気ガスの頑固な汚れをしっかり落とします。

塗装工事

ひび割れ、浮き補修部分はパターンをつけ、肌合わせを行ってから下塗りに入ります。
中塗り・上塗り合計3回塗りで吹き付けではなく、ローラーでて塗りで丁寧に塗装致します。
対応年数は約10年~15年になります。使用する材料の写真、缶数の写真、希釈率等しっかり守って施工致します。タイル面にも給水防止材の塗装を行います。
ニッペグラシーガードはタイルの質感を変えたくないというオーナー様のご要望が多く艶消しのコーティング剤になります。
タイルの質感をそのまま維持することができます。ローラーで2回塗りになります。
希釈せず原液で塗装致します。

防水工事

防水工事は主に屋上やベランダの床部分に施工を行います。
外壁塗装同様に下地の状況により材料、仕様の選定致します。
通気緩衝工法が通気緩衝シートが入っており、長年にわたり防水性能が高い工法になります。
現状:平場コンクリート下地、立ち上がりアスファルト防水の場合の工程になります。
下地により工法は変更となる場合があります。

笠木の浮き部分に注入及びピンニング処理を行います。

立ち上がりアスファルト防水、ドレン、伸縮目地を撤去、新規打ち込み致します。
入隅部分は割れやすいためシーリングで防水補強を行います

笠木、立ち上がり、平場全体にモルタルを塗り、下地を1度整えます。

  

ドレン廻りは防水が割れやすく、雨漏りが多いため、改修用ドレンを使用し、防水補強を致します。

 

通気緩衝シートを貼り込んでいきます。ジョイント部、端末部は防水テープを貼り処理致します。

 

通気緩衝シートを貼り込むため、湿気を逃がす脱気筒、脱気盤を取り付け致します。

 

仕上防水はウレタン防水を使用致します。
主材は2層、トップコートが1層になり合計3層になります。